Tag Archives: session 4

Writing Strategies 2, session 4: October 14th, 2011

Homework:

  1. Summary of chapter 5. Print out and bring to next class (don‘t send it by email).
  2. Write 5 questions and answers about chapter 5. Each question should begin with 1 of the following words:
    1. What
    2. when
    3. where
    4. who
    5. why

 

Express your opinion! Let me know what you think of today's class, the written materials, the activities, the teacher's lecture, etc. Have a question about English or about today's class? Click the words "Leave a comment" below, or send me an email. Thank you for visiting.

Writing Strategies 1, session 4: May 20th, 2011

Marble sarcophagus with the myth of Endymion
Marble sarcophagus with the myth of Endymion. Photo by peterjr1961 on Flickr. Click image to visit

 

  1. Quiz on LWW chapters 3
  2. Check Study Guide answers for Vocabulary and 1-4 (on pages 15 + 16)
  3. Personal interviews

Homework:

  1. Study Guide questions for chapters 3 and 4, questions 5-10 (pages 16-17). (“For discussion” and “Optional Writing Project” are both options. You get extra points if you do them, but you don’t have to.)
  2. By next (Friday May 27th): are there any publications in Japanese like the Spark Notes for “The Lion, the Witch and the Wardrobe”? (see handout). If so, where can they be found and/or bought? What are the contents like? Are they useful?
  3. By next (Friday May 27th), find 10 customer reviews in Japanese about “The Lion, the Witch and the Wardrobe” (for example on Amazon Japan), and choose the best one (in your opinion).
    1. The reviews can be about the original English book or the  Japanese translation, it doesn’t matter. Reviews of this book are OK, too.
    2. The 10 customer reviews should include both positive and negative reviews.
    3. Print out the best one and bring it to class.
    4. Be prepared to explain to the class why you think it is a good review.
  4. By the Friday after next (June 3rd): read a Greek, or Roman myth and summarise it
    1. in English (200-300 words).
    2. And write a short paragraph about the similarities to the Japanese myth you wrote about. What are the common characteristics?
    3. Please think about the following questions:
      1. What is a myth? Is a myth the same as a folk-tale (昔話)? Are they different? How are they different?
      2. Is a myth different from a fairy-story, or is it the same? How are they different? How are they the same?
      3. What is the difference between a myth and an epic poem such as Heike Monogatari?
      4. What is the difference between a myth and a novel such as the Tale of Genji?
      5. What is the difference between a myth and a legend, such as The One Inch Boy?

Express your opinion! Let me know what you think of today's class, the written materials, the activities, the teacher's lecture, etc. Have a question about English or about today's class? Click the words "Leave a comment" below, or send me an email. Thank you for visiting.

Student voices – Research in English (Linguistics) A session 4: May 13th, 2011

Student Voices
student voices. Image from lummiyouthacademy. Click to visit source page.
  1. 前回の授業では、言語の構造の違いについて、そして他国のことを皮肉った比喩的表現として使用されている例を学びました。他国の国民性を露骨に使用している点がとても面白かったです。特に、フランス語で死にそうなくらい退屈なことをバーミンガムに居るという表現を使うのは、なんて失礼なのだろうと、おかしかったです。
    日本では、一般的に使用されている言葉の中にこういった比喩的表現はあまりないと思います。日本は鎖国されていた島国であり、大和民族が圧倒的に多いため外国人との接点があまりなく、異国の国民性をそんなに知らないというのも理由の一つではないのかなと思いました。しかし、英語でずる休みをすることを“take French leave”と言うのに対し、日本では“サボる”と言いますが、“サボる”というのは、フランス語の“sabotage”が由来です。英語も日本語も同じような意味にフランスが関係しているというのは、やはりフランス人に何か理由があるのだなと考えずにはいられません。
  2. SUMMARY英語圏では、ずる休みは “take French leave” と表現され、ベルギーのタクシードライバーは、チップをケチる人を “un Anglais” (イギリス人)と呼び、フランスでは、死にそうなくらい暇なことを “etre de Birmingham” と言う。この様に、他の国の人々や場所の特徴を表現に取り入れている。そこには軽蔑の意味が含まれる。世界の言語に優劣は付けられないが、英語には明らかに勝っている部分が幾つかある。まず、英語には、ドイツ語とは異なって、代名詞の接尾変化(あなたを、あなた方の)が殆どないため、相手を指す場合は全て “you” で済ますことが出来る。そして、韓国語や日本語のように、話す相手の地位に従って動詞の接尾辞を変える必要はない。又、男性・女性名詞もない。しかし、 “what” には様々な使い方があるように、英語にも複雑な部分はある。

    COMMENT

    私は、 “It’s all Greek to me.”(ちんぷんかんぷんだ) という英語の表現が気に入っています。しかし、 “take French leave” のように、わざわざ、相手の国の人々に不快を与えるような表現を用いる必要はないのにと思いました。

    日本語には、「~様」、「~たち」、「~します」、「~されます」のように、接尾辞や語尾を状況に応じて変えたりする必要があり、複雑なので、日本語を勉強する外国の方を改めて凄いと思いました。

    英語の挨拶には、相手のことを思う表現が多いということに気づきました。

    Ex.) Good morning.  Have a good time.  Good luck!  Have a nice weekend.

    what は、関係代名詞や疑問代名詞として、または感嘆文など、様々な形で使用できるので、 “complex” よりも、 “convenient” の方が勝っていると思います。

    これまで、どうして Work Cited には出版された年まで必要なのか疑問に思っていたけれど、本の種類(ハードカバーやペーパーバック)によってページ数が変わるからだということを知り、その重要さが分かりました。

  3. 言語は、その国の文化に対応していると考えられがちだ。そのため、多くの言語で、特に良くない意味の単語に、他国の名前を使うことがある。例えば、ドイツ人はゴキブリを”Frenchmen”と呼ぶ。
    英語には、日本語のように、相手に合わせて丁寧さを考えたり、ヨーロッパに多くみられる単語に性別がつく、ということはない。その点において、勉強しやすい言語だと言える。 

    感想
    日本人は、話す相手の立場で、丁寧さの度合いを変えることを、何ら難しいこととは思わない(苦手と思う人は多くいるが)。でも、他言語の人からすると、そこが日本語の分かりづらいところなのだと改めて知った。

Express your opinion! Let me know what you think of today's class, the written materials, the activities, the teacher's lecture, etc. Have a question about English or about today's class? Click the words "Leave a comment" below, or send me an email. Thank you for visiting.