Student voices – Research in English (Linguistics) A session 5: May 20th, 2011

Student Voices
student voices. Image from lummiyouthacademy. Click to visit source page.
  1. What is language? When animals communicate with each other, they may do so by means of touch, smell ,sight or sound. And, most animals have a very limited number of messages they can give or receive.Man probably acquired his sound signaling system at a fairly late stage in his evolution. They can produce an incalculable number of new combinations from the elements of his language. In addition, they can utter sentences which he has never uttered before and be understood.

    Comment

    I was interested in the male grasshopper has only choice of six and bees can communicate only about sources of nectar. In a book I don’t remember, I read about a male gorilla was able to learn sign languages! I want to check in it.

  2. What is Human Language? 動物は、目や音や匂いで、又は触ったりして他とコミュニケーションをします。私たち人間や他の動物はその中で、最も音を使います。それは暗闇の中でも使えるからです。しかし、私たちが喋る時に使う器官(肺、歯、唇、喉など)は、主に、息をしたり、食べたりするために使われるので、進化のかなり後の段階で「話す」ことができるようになりました。動物の場合、合図とそれが伝えるメッセージは強く関連しますが、人間の場合は、殆ど関連しません。例えば、「ほん」という音自体には「本」という意味が含まれていません。殆どの動物は、「今」、「ここで」のことについてしか、伝えることが出来ません。しかし、人間は「今」のこと以外に、「過去」や「未来」についても語ることが出来ます。これを “displacement” と言います。又、動物が送るメッセージの内容には限りがありますが、人間は次から次へと新しい語を加えて(e.g. “computer”, “nuclear”)、色々な状況について話すことが出来ます。これは “productivity” と言います。他に、人間が動物と異なる点は、大体の動物は学ばなくても自動的にコミュニケーションができますが、人間の場合は、言語を習得するのに長い学習期間が要されるということです。私たちは母親や先生に教わって学習します。私たちが使う言語は、情報や自分の思いを伝えたり、良好な人間関係を保つために必要なのです。
  3. Summaryサピア・ウォーフの仮説は、私たちの思考には言語が関与しているため、認識力に制限ができることをいう。例えば、日本語の〈夜泣き〉に相当する語は、英語にない。そのため、英語話者には〈夜泣き〉の概念を認識することは難しい。この仮説は必ずしも肯定されていない。なぜなら、直観や同情心など、言葉の生じない気持ちもあるからだ。人間の言葉と動物のコミュニケーションには違いがある。その一つに、人間の言葉は伝えたい事とその合図の間に繋がりを持たない。例えば、〈elephant〉や〈象〉は同じ動物を意味するけれども、その単語の〈音〉に象は存在しない。また、人間は新しい言葉を作っていける事も違いの一つだ。Comment動物に言葉を話させる実験がある事を初めて知った。

Leave a Reply